土地・建物

建物賃貸借契約の更新後の契約期間

建物を借りている人から、2年の契約期間が満了し更新しましたが、更新後の契約期間はどうなるのですか、との質問がありました。
これは、契約書の内容によります。

1)合意更新の場合
契約書の中に自動更新の条項があるときは、合意(契約)による更新がなされたと考えるので、基本的には更新後の契約期間は同一期間(2年間)と考えることになると考えられます。

2)法定更新の場合
契約書の中に更新する条項がないときは、法律によって契約が更新することになるので、更新後の契約期間は、期間の定めのないものとなります(借地借家法26条1項但書)。